会社沿革

大正14年  1925 内村酸素 熊本市に創業
内村貞次が酸素ガスの将来性に着目し、熊本市紺屋町に個人経営の内村酸素店を開業。
昭和10年  1935 内村チカが事業を継承
内村酸素店を継承し、本格的に事業化開始。
昭和26年  1951 有限会社内村酸素商会設立
資本金80万円で、有限会社内村酸素商会に改組。
昭和35年  1960 本社社屋新築
熊本市本荘町89番地に鉄筋3階建ての本社社屋を新築。
昭和43年  1968 酸素ガス充填工場開設
熊本市十禅寺町に圧縮酸素ガス製造設備を新設し、酸素工場とする。当時自社充填工場を持った販売店は全国でも少なく、今日の発展の礎となりました。
昭和45年  1970 有明営業所開設
荒尾市宮内出目に有明営業所を開設。
昭和46年  1971 熊本ガスセンター開設
酸素工場に炭酸ガス製造設備を新設し、熊本ガスセンターとする。
昭和47年  1972 有明支社・有明ガスセンター開設
熊本県玉名郡長洲町に有明支社を開設し、同時に圧縮酸素ガス製造設備を新設し、有明ガスセンターとする。
昭和49年  1974 有明ガスセンターに炭酸ガス製造設備を新設
昭和50年  1975 有明ガスセンターにアルゴンガス製造設備を新設
昭和51年   1976 筑後営業所開設
福岡県筑後市に筑後営業所を開設。
昭和51年  1976 熊本ガスセンターに窒素ガス製造設備を新設
昭和54年  1979 熊本南営業所開設
熊本県上益城郡嘉島町に熊本南営業所を開設。
昭和58年  1983 内村産業株式会社設立
資本金2,000万円にて内村産業株式会社を設立。
平成元年  1989 内村酸素株式会社に社名変更
資本金を5,000万円に増資し、株式会社に改組。
平成元年 1989 ガス営業部開設
熊本市江越にガス営業部を開設。
平成3年  1991 FAテクニカルセンター開設
溶接ロボットの普及と、顧客サービスの向上を図るため、玉名郡長洲町にFAテクニカルセンターを開設。
平成5年  1993 福岡内村株式会社設立
資本金2,000万円にて、福岡内村株式会社を設立。
平成6年  1994 松橋営業所開設
熊本県下益城郡松橋町曲野に松橋営業所を開設。
平成6年  1994 医療ガス営業部開設
熊本市江越に医療ガス営業部を開設。
平成7年  1995 今川利男が代表取締役社長に就任
内村チカが代表取締役会長に、今川利男が代表取締役社長に就任。
平成9年  1997 資本金8,125万円に増資
(大阪中小企業投資育成(株)に第3者割当増資)
平成9年  1997 内村興産株式会社設立
内村グループの事業拡大を目的に、資本金3,000万円にて、内村興産株式会社を設立。
平成9年  1997 財団法人内村チカ育英財団設立
将来社会に貢献し得る人材の育成を目的に、財団法人内村チカ育英財団を設立。
平成11年  1999 嘉島事業所・総合ガスセンター竣工
上益城郡嘉島町「嘉島リバゾン」内に最新の自動分析システムを備えた総合ガスセンターが竣工。
平成13年  2001 有明ガスセンターに高圧容器全自動耐圧検査設備及び全自動塗装設備を設置
平成14年 2002 福岡内村株式会社を合併
平成14年  2002 液化酸素タンクローリ・2台、液化炭酸タンクローリ・1台、 LPGバルクローリ・1台を嘉島及び有明ガスセンターに 導入配置
平成15年  2003 資本金9,125万円に増資
内村酸素株式会社持株会に第3者割当増資。
平成16年  2004 容器管理システムを更新
平成17年  2005 液化窒素タンクローリ・1台を、嘉島ガスセンターに導入配置
平成17年  2005 資本金9,625万円に増資
内村酸素株式会社持株会に第3者割当増資。
平成17年  2005 今川敬志が代表取締役社長に就任
今川利男が代表取締役会長に、今川敬志が代表取締役社長に就任。
平成18年  2006 菊陽事業所開設
熊本県菊池郡菊陽町に菊陽事業所を開設。
平成19年  2007 LPGバルクローリ・1台を有明ガスセンターに 導入配置
平成23年  2011 南阿蘇村が推進する「地下水を守るん田゛」プロジェクトに参画
地下水保全米を生産する農家の支援をさせて頂いています。
平成26年  2014 熊本県PR業者登録
熊本県キャラクターくまモン・くまもとサプライズロゴの使用許諾を受ける。
平成27年  2015 創業90周年記念展示会「ウチムラ90サンクスフェア」をグランメッセ熊本で開催
  このページのトップに戻る